トイレの過ごし方で人生が変わる How to spend toilet time

外出中、僕はトイレ選びにこだわる。

<Sponsored link>

以下は2009年12月、大学卒業後のフリーター時代に書いた記事を一部読みやすく修正の上転載するものです。

昔はやや潔癖症だったのか便器に座ることに抵抗があり、和式スタイルを選んでいたのだが、
最近では逆に洋式スタイルを好む。

特にキレイかつ程よいサイズ感の個室であったかい便器に座ってると、
すごく落ち着くんです。
下半身を露わにしながらぼーっとしてると、思わぬアイディアが浮かんでくることもあったりなかったり。

僕はこのなんとも言えないリラックス空間に気づいてから
就活の面接前は早めに会社に行って(オフィスのトイレは大抵キレイだし)、
トイレに籠って頭の中で面接のシミュレーションをするのが習慣でした笑。

これに関連して、どうやら中国には「三上」という言葉があるらしいです。
「いい考えが浮かぶ三つの場所」の意味で、馬上・枕上(ちんじょう)・厠上(しじょう)のことです。

馬上とは現代でいえば移動中の電車や車の中。
枕上とはベッドや布団の上。
そして、厠上とはトイレの便器の上なのです。

いずれも、忙しい現代人にとってややもすればムダな時間かもしれませんが、
ジタバタせずにリラックスして過ごすことでインスピレーションが生まれるかもしれませんね。

<Sponsored link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です