ワールドカップ開幕 Rugby World Cup started

熱い決戦がはじまる・・・

<Sponsored link>

以下は2007年9月、留学先のウォーリック大学で書いた記事を一部読みやすく修正の上転載するものです。

いよいよ隣国フランスで2007年ラグビーワールドカップが始まりました。

日本は緒戦で世界2位の強豪オーストラリアと当たり大敗してしまいましたが、残りの試合を勝って、なんとか決勝トーナメントに進出して欲しいところです。

そして、僕が夏季限定で所属しているクラブチームでもシーズンが始まりました。
緒戦はホームでの試合。1軍の14番(右ウィング)で前後半出場させてもらいました。

いつも練習している場所なのに、一味違う緊張感の中アップが始まり、爆音の音楽がかかった更衣室で円陣を組んで気合いを高めた後、いよいよキックオフです。

結果は、逆転に次ぐ逆転で、辛くも勝利を収めることができました。

この日も試合後はクラブハウス2階のパブで試合観戦(イングランドvsアメリカ)。
パブにはクラブのOBなのかおじ(い)さんやら、女の子やら、ジュニアチームのティーンエイジャーまでさまざまな人が集まってきました。その光景を見て、この国におけるラグビーという文化は老若男女問わず繋げることのできる素晴らしい力を持っているのだなぁとしみじみ感じました。

<Sponsored link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です