異業種交流試合: vs 女子ホッケー部

先週末、女子ホッケー部と試合してきました。

<Sponsored link>

以下は2008年2月、留学先のWarwick大学で書き留めた文章を一部読みやすく修正の上転載するものです。

あ、もちろんホッケーの。
男子ラグビー部 vs 女子ホッケー部の、絶対にマケラレナイ戦い。

しかし、終わってみれば、
5-1で完敗。。

僕も初体験ながら出場してきましたが、スティックの扱いがどうにもうまくいかず、ドリブルが全くできず。。(-.-)

こちらの大学では、こんな対決をするほど部活どうし・男女どうしの交流が広く、そして、驚くほどソサイエティ(部活とサークルの区別がない)の参加率が高いです。
女子もラグビー・サッカー・ホッケー・ラクロス部などでさかんに活動しているのが印象的です。

また、各部活がチームウェアに企業広告を入れていたり、パーティやパフォーマンスを開催してその収益をチャリティに寄付するなど、お金の面でも自立していて活発に活動しているのが日本の部活との大きな違いのように思えます。

さて、ラグビーはリーグ戦を終え、あとはVarsity Matchと呼ばれるライバルCoventry大学との定期戦を残すのみとなりました。尚、Varsity MatchはOxford vs Cambridgeによるそれが有名で、この試合に出た者には、両校のユニフォーム(紺・水色)を合わせた色にちなみ”Blue”という文武両道の証となる称号を与えられます。
Warwick vs CoventryのVarsity Matchも、普段とは違って観客席付きの大きな競技場で行われるということなので、なんとか出場できるように必死のアピールを続けようと思います。

<Sponsored link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です