Pre MBAトリップ in タイ・クラビー

シンガポール・タイ出身者を中心にINSEAD同級生有志メンバーが企画してくれたPre MBAトリップ in Asiaに50人ほどの同級生と一緒に参加し、クラビー(レオナルド・ディカプリオ主演のザ・ビーチで有名なピピ島の近く)に行ってきました。

<Sponsored link>

なお、Pre MBAトリップ in Europeも企画されており、
そちらはイタリア・ミラノに行っています。

そもそも僕は究極のダイバーシティを求めてINSEADを
選んだのですが、今回初めてこれだけ多くの同級生と
会ってみて、自分の選択は間違っていなかったと実感
しています。

インド、中国、シンガポール、ブラジル、マレーシア、
米国、スペイン、インドネシア、タイ、スイス、日本、
豪州、チリ、ペルー、フィリピン、パキスタン、クエート
など(なんとなく参加者数が多かった順に記載)
15〜20ヶ国から集まったのはもちろん、
バックグラウンドも皆さまざまでした。

 

さらに印象的だったできごとが一つあったので
紹介したいと思います。

ある日の夜、同級生(フィリピン系アメリカ人男性)が
ホテルの部屋で倒れているとのメッセージがWhatsApp
グループに。
なにやら食中毒で脱水症状を起こしたようでした。

その場にいち早く駆けつけた別の同級生(シンガポール
人男性/兵役・消防士経験あり)が彼を背負って病院に
運び込むと、
同時に他の同級生(シンガポール人女性/医者とタイ人
女性)が駆けつけて同行。

病院に着くと、医者が常駐しておらず到着まで30分ほど
かかるとのこと。

そこで医者の同級生が看護師2名を指示しながら血圧や
脈を測り、点滴を準備。
指示内容をタイ人の同級生が看護師に通訳する。

 

あ、ちなみに僕もたまたまみんなと一緒にいて、
搬送の補助にと連れ添っていたので
この現場を終始見ていた(笑)のですが、
「すげー。この人たち集まったらなんでも
できちゃうじゃん。」と普通に感心してしまいました。

 

各方面のスペシャリストが集まって、
時にバラバラの意見をぶつけ合い、
時に互いを補完しあって連携する。
これぞ、ダイバーシティの醍醐味だなと
INSEADには間違いなくそれがあるなと
肌で実感した経験でした。

 

そして、みんな非常に気さくで互いに興味津々。
いつもベラベラベラベラ。(まじでうるさい。笑)
おかげで、到着時はほぼみんな初対面だったのに、
数日経った頃には互いにいじりいじられる関係に。

仲良くなりすぎて、すでにカップルも2組ほどできた
みたいです。(いつの間に!)

<Sponsored link>

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です