もう一度旅に出るなら?

無事シンガポールに到着、これにて1ヶ月の旅人期間を終了しました。正直なところ旅の間は生きるのに精一杯で(笑)まだまだ消化不良ですが、これから時間をかけて、見たこと、感じたこと、学んだことを振り返りたいと思っています。今回は旅の装備品についてまとめてみました。

<Sponsored link>

まずは、
持っててよかったモノ

1. 洗濯ロープ
 ホ(ス)テルって意外と洗濯物を干す場所がないんです。
 ベッドの柵は木製で濡れた服を干すと汚れたり、そもそも
 柵自体がなかったり(エルサレムでは2段ベッドの上なのに
 柵がなかった。。笑)
 そんなとき、これがあればカーテンレールなんかを利用
 して干す場所を増やすことができます!
 100均ので十分。

2. ビニルテープ
 郵送物の梱包や宛名を書いた紙の貼り付けに、怪我の
 応急処置(ティッシュ留め)に、コードの被覆の修理
 にと、いろんな場面で重宝しました。
 ビニルだとある程度丈夫かつ水にも強いし手で切れる
 のもいいところ。

3. S字フック
 洗濯ロープのフックがうまくかからないときにこれが
 あると幅が広がる。
 トイレでバックパックをかける突起がないときにドアに
 かけることもできます。

 

持ってけばよかったモノ

1. ウルトラライトダウン
 この旅一番の試練は寒さでした(→イギリス、
 イスラエル、ヨルダン)。寒くて寝られない時に
 備えて災害キットによく入ってるアルミシートを
 持参したんですが、あまりあったかいと感じなかった
 上、シャカシャカうるさくて寝れたもんじゃない。笑
 軽くてかさばらなくて保温性があって手頃な防寒具の
 必要性を感じました。

2. 化繊の靴下
 パンツはナイロン・Tシャツはレーヨン混のモノにして
 いたので早く乾き巻いたが、靴下は乾燥に時間が
 かかりました(特につま先部分)。
 たぶんこんなの持ってれば早く乾いたのになーと。

3. 薄手のサブバッグ
 丈夫だがゴツめのバックパックを持っていったため、
 地味に重くて負担に感じることもありました。気持ち
 の問題だけど。
 機内や街歩きで最小限の荷物(僕の場合はパスポート
 ・PC自撮り棒・上着etc.)が入る軽量バッグがベスト。

 

持ってかなくてよかった(余計だった)モノ

1. ショルダーバッグ
 一回も使わなかった。ホステル相部屋の時はPCを放置
 したくないので上述サブバッグを持ち歩くし、逆にPCを
 放置できる時はポケットで十分でした。

2. 普通のタオル
 こちらの速乾タオルを持っていたので普通のタオルは
 いらなかった。使ったら乾くのに時間かかるし。

3. 蚊取り線香
 匂い・煙が出るので相部屋だと使いづらいし、そもそも
 めんどくさくて使わなかった。

<Sponsored link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です