ヨルダンのビザ、意外と簡単&すぐに取れました

わたくし12月にイスラエル(エルサレム)からヨルダン(アンマン)に入る予定でして、ヨルダン入国にはビザが必要とのこと。
ところが、ネットで調べても在日ヨルダン大使館でのビザ取得に関する情報があまりない・・(中略)・・と思っていましたが、意外と簡単&すぐに取れました。

<Sponsored link>

イスラエルからヨルダンへの陸路入国についてもう少し書くと、

青字がキング・フセイン橋とやらを通る一番近いルート。
もう一つのルートは赤字のようにぐるっと遠回り。

 

本来、ビザは入国時に国境で取得できるが、青字のキング・フセイン橋は正式な国境でないため、それができないとのこと。。

イスラエルでヨルダン大使館に寄ることもできるんですが、
滞在時間が短いので時間がもったいない。

ということで、日本にいるうちに取得することにしました。

 

ところが、ヨルダン大使館の情報の少ないこと。。

まず専用のWebsiteがない。(Facebookページはある。)

ので、ビザ取得方法とかいつどこに行けばいいとかわからない。

代行取得をやってる業者があるが、5,000~10,000円かかる。
ややもったいない。

しかもよく見てみると、ビザ代金は0円とある。
なおさらもったいない。笑

 

じゃあ自分でやってみよう!

ひとまずこのページから大使館の場所(渋谷)と電話番号をゲット。
早速電話してみたところ、領事部の日本人の方が親切に回答してくれました。

①大使館での申請
 ・受付は平日10~12時
 ・ビザの有効期間は取得してから3か月間
 ・4cm x3cm のカラー写真が必要

②郵送での申請(こちらから聞けば教えてくれる)
 ・申請書・パスポート・写真を書留で送付する
 ・書留用返送封筒を同封すべし

僕は平日10~12時に行くのが厳しかったので②にしました。
電話でメールアドレスを教えたら、すぐに申請書PDFとともに必要事項を送ってくれました。

指示通りパスポートを送って、待つこと4日。
無事にビザ付きのパスポートが返ってきました!

ということで、あっさり取得完了~。

大使館が混んでたり何かトリッキーなことがあったら時間や手間がかかるのかもしれないですが、時間に余裕があれば業者に依頼する必要はまったくないと感じました。

世の中、一見難しそう・敷居が高そうなことってたくさんありますが、
実際には情報の非対称性のせいでそう見えているだけのことってとても多い。
それを超える勇気と気合の大切さを再認識したできごとでした。

<Sponsored link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です