就活終了 Got a job!

受けた会社すべて不合格。。人生おわた。。

<Sponsored link>

以下は2009年4月、就活直後に書いた記事を一部読みやすく修正の上転載するものです。

そんなどん底にいた一年前から、長かった長かった就職活動をようやく終了することができました。。

大学4年生までストレートで進学・進級してきたにも拘わらず、休学してイギリス留学からの就職留年(通称トリプる)により、文学部なのに医学部ばりに6年目に突入した学生生活にも、これでピリオドが打てそうです。

就職活動に関しては、
「なんだこのシステム!」と
現代のシューカツの形を作ったリ○ルートを恨んだ時期もありました。

でも、振り返ってみると、
どこもかしこもセミナー・インターン・会社説明会の嵐、リクナビ・マイナビ・みん就etc.情報過多 <`ヘ´>
だったからこそ、知れたこと、感じれたこと、考えたことがたくさんありました。

だから、今振り返ると、僕は就職活動を総じて楽しむことができました。
傍からはそう見えなかったかもしれないけど、実際、「就活辛い?大変?」と聞かれた時は「結構楽しんでます」という言葉が自然と出ていました。

ここでふと思い出した言葉を1つ。

頑張ることが楽しいと感じることができるようになれば、誰だって夢や目標に向かって努力することができる(いや、その時にはその作業を「努力」とは感じていないのかもしれない)。

『夢をかなえるゾウ』

僕にとって就活の原動力になったのは、その先に見えた夢でした。

そして、会社を回る度、OBOGに会う度に、そのイメージを少しずつ少しずつ明確にしていき、わくわくしながら未来を想像できたのは幸運なことでした。

そして、その夢を叶えうる場所で来年の春から働けることを幸せに思います。

 

ということで、来年からはもんじゃを食べる回数が飛躍的に増えそうです。

<Sponsored link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です