部下のやりたい仕事 vs やらせたい仕事 About HR allocation

これは、部下の人事権など持ったことのない僕が思う空想上での人材配置の話。

<Sponsored link>

「部下のやりたい仕事」と「部下にやらせたい仕事」が異なることは、どこの会社でもよくあるだろう。

そんな時、やらせたい仕事を割り振ってその部下が退職すると言い出したときに確実に慰留できる自信がないなら、やりたい仕事をやらせておく方が良いと思う。

さもなくば、不満を抱いた部下は、
やりたいことができる機会を求めて早晩退職するか、
会社に留まるとしても、やりがいではなく給与や安定が頼りになっているので、クビを回避できれば良い程度のモチベーションでしか働かない可能性が高い。

<Sponsored link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です