友人(元チンピラの西垣くん)が本を書いた

題して、『オックスフォード大学MBAが教える 人生を変える勉強法』。
「勉強法」となっているが、彼の半生を辿りながら「学びとは」「人生とは」を考える良いきっかけになる本。おもしろ半分で読み始めたら、この人の過去が本当におもしろすぎて一気に読み切ってしまいました。

<Sponsored link>

「伊藤さん、西垣です」

1年ちょっと前、学校横断のMBA合格者飲み会で、事前にやりとりしていたFacebookの写真(ホスト時代)とまったく別人のニシガキさんから挨拶されたのが最初の出会い。

頭が混乱したまま「あ、どうも」と微妙なリアクションをしたのを覚えている。

 

危ない人じゃなかろうかと初めは警戒していたが、少し話してみるとふつーに良い人なので、会うたびに昔のことを少しずつ掘り返してみた。

初めはやや話しにくそうにしていた気もするが、仲良くなるうちに本書にも登場するエピソードのいくつかを話してくれて、腹がよじれるほど笑った。(本人には確認していないが、本の冒頭に登場する経歴をおもしろがったMBA同期の一人は僕なんじゃないかと勝手に思っている。)

 

そろそろオックスフォードを卒業する頃なので次は何をするのかと思っていたら、本を出したとのこと。一年間のMBAプログラム自体忙しいはずなんだが、勉強に加えて就活も執筆もこなしているとはさすが頭が下がる。

 

肝心の本に関して、何しろ大きな魅力の一つは「オックスフォード大学」「MBA」「勉強法」とややお硬いキーワードと裏腹にとても読みやすいことだと思う。
上述のおもしろエピソードが満載で、小説や映画を観るようにどんどん読み進めてしまうはずなので、「読むかー」とか気合いを入れる以前にamazonでポチッとして読み始めてしまえば良い。(皆さまがポチると僕に少しだけ紹介料が入るアフィリエイトリンクを下に貼っておきますね。笑)

そして、個人的には次のような方々にぜひオススメしたい。

1. キャリアや生活にそこそこ満足してる人
西垣くんの成り上がりぶりから刺激を受けるとともに、「まだまだ自分に甘いんじゃないだろうか」「もっと意識を高く日々を過ごすべきじゃないだろうか」と気付きをもらえるだろう(少なくとも僕はもらえた)。

2. MBA留学をぼんやり考えている人
MBAってこんなモチベーションで行ってる人がいるんだ。こんな学びが得られるんだ。そして、西垣くんも「人生はつまるところ人との出会い」と言っているとおり、MBAを通じてこんな人と出会えるんだ。といったイメージがつかめる。

3. グレちゃってる人
本書を読んで、本書に登場する「企業参謀」を読んだら、タイトル通り人生が変わるはず。一番届けたい相手なんだけど、たぶん読まないから深夜ドラマとかにしてあげた方が良いね。西垣くん、ぜひご検討ください。

 

最後に改めて、西垣くん、著作家デビューおめでとうございます。

「一流のプロフェッショナルは体調管理を怠らず、つねに最高のパフォーマンスが出せるように努力している」と書いているにもかかわらず、体調不良で飲み会をキャンセルされた腹いせにこの記事をお届けします。

<Sponsored link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です