怒涛の一年が始まる予感

1. 勉強 2. パーティ 3. 睡眠、選べるのはこのうち2つ。
これはINSEAD生からよく聞く言葉です。

<Sponsored link>

明けましておめでとうございます。
シンガポールに来て早1週間が経とうとしています。

学校開始は1月3日のため
授業やオフィシャルなイベントはまだ何一つないのですが、
すでに冒頭の言葉の重みを感じつつあります。

 

というのも、

学校が始まるとすぐに以下2つのテストがあるため、
今のうちに準備をしておく必要があること。

1. 1月4日:第三言語(卒業要件)のテスト
 僕の場合は中国語のスピーキングを受験する必要があり、
 もし落ちれば、タダでさえ忙しい必修科目期間(P1&2:
 1-4月)の間に中国語レッスンを受けなければなりません。

2. 1月5日:単位免除のテスト
 合格すれば単位が免除になります。P1(1-2月)の必修
 科目のうち以下4科目が対象で、最大2科目まで受験可能。
 ①Financial Accounting
 ②Prices and Markets
 ③Financial Markets and Valuation
 ④Uncertainty, Data and Judgment
 僕は一番可能性の高そうな①に集中することにしました。
 見たところ内容自体は大したことないものの、会計用語の
 英語にどこまで順応できるかが課題。

 

また、友達作りには存在感・個性を示すことが欠かせません。
僕の唯一の武器であるスポーツ(主にラグビー)でリーダー
シップをとるためには、ある程度身体作りをしておくことが
必要です。

 

そして、毎日何らかのランチ・アクティビティ・飲み会が
そこら中で開催されており、ある程度これらにも参加して
おかないと同級生の輪に乗り遅れてしまいかねません。
(それでも良いという人もいるかもしれませんが、僕の
場合はネットワークもMBAの大きな目的の一つなので。)

 

これに加えて、夏休み(7-8月)のインターンや卒業後の
進路を決める就職活動、人によっては家族サービスや恋愛
など、やることを挙げればキリがなく、自分の中でしっかり
優先順位を決めなければ後々大変なことになる予感を
ひしひしと感じています。

 

僕は以下の通り優先順位を決めて、ペースが崩れそうに
なったときは常にここに立ち返ることを心に留めておきたい
と思います。

1. 勉強
 最低でも卒業。とりあえずそれ以上は求めません。

2. 就活
 まずはインターン先を決めること。コンサルorファンド
 1社、事業会社1-2社が目標。
 あとは、卒業後の進路決定のためにしっかり情報収集を
 すること。

3. スポーツ
 リーダーシップをとること。役職や取りまとめなどには
 可能な限り首を突っ込もうと思います。
 (バランスが難しいが、プレーである程度デキる感を示す
 必要はあるものの、競技レベルを高めることが目的では
 ない。)

<Sponsored link>

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です