イギリス流お風呂のはなし

この間、試合で訪れた相手チームのクラブハウスには浴槽がありました。

<Sponsored link>

以下は2008年1月、留学先のWarwick大学で書き留めた文章を一部読みやすく修正の上転載するものです。

今日はお風呂の話です。

どう入浴するのかと思って観察していると、皆(ラグビー後に泥だらけで)体も洗わずに入浴です。当然、お湯はみるみる泥水と化しますが、彼らはその中で体や頭、顔まで洗います。

最初はためらっていた私も「郷に入っては郷に従え」ということで真似てみました。が、更に彼らはそのままシャワーで体を流すこともなく体を拭いて服を着ます。これにはさすがに抵抗感が。。

一連の事態を日本人の友人に話すと、「外国人が体を洗わずに銭湯に入る理由がわかった」と言っていました。僕はそんな光景を見たことはないのですが、実際にそんな光景が起きてもこれで納得です。

ちなみに、フラットメイトを見る限りイギリス人はあまりお風呂が好きではないようです。毎日入る人はまず見たことがありません。また、フラットのお風呂には浴槽があるのですが、湯船に浸かっている人もあまりいないようです。

なにはともあれ、海外で公共のお風呂に入ったのはとても貴重な経験でした。

浴槽はちゃんと掃除してるんだろうか・・・?

<Sponsored link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です