五月病は日本だけじゃない Freshers’ flu

新学期が始まり、いま学生の間でもっとも流行っているのは、風邪。

<Sponsored link>

以下は2007年10月、留学先のウォーリック大学で書いた記事を一部読みやすく修正の上転載するものです。

Freshers’ fle(新入生風邪)と呼ばれるこの風邪は、毎年、新入生の誰かが罹り、寮生活のために移し移されてみんなに広まるとのこと。
日本でいえば五月病ですかね?

僕は日本では4年生なんですが、Freshers’ fluに罹った新入生とともに寮生活をしているせいで例に漏れず罹ってしまいました。。
おまけに、ラグビーのシーズン緒戦で足を捻挫してしまい、今週いっぱいは動けなくてもどかしい日が続きそうです。

ところで話は一転しますが、こちらの時間割には昼休みが組み込まれていません。「食べたい時にご自由に」ということでしょうか。
履修が忙しい学生にとっては昼ごはんを食べる暇がなくて困るのでしょうが、おかげでカフェなどに一斉に人が殺到して満席、といったことは滅多にありません。日本の大学で昼休みに学食に空席がない経験をした僕からすると、便利だとさえ思えてしまいます。

<Sponsored link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です